スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Σ( ̄∀ ̄: 新年ご挨拶って遅すぎるやろ!

m(_ _)m 明けましておめでとうございます♪


…て遅すぎるやろ!  とはい、その通り。まあほったらかしの投げっぱなしで本当に申し訳ない次第。

という訳で、毎年恒例の『日本一傍迷惑な年賀メール』になります、はい。今回もWard形式にて読みにくさはご了承を。


↓日本一傍迷惑な年賀メール

https://1drv.ms/w/s!AtbwMcWhIZLniSFNXcSuqFHHilpW


( ̄▽ ̄;) …いや大分前には書き上がってたんですよ。ただ書き始めが遅すぎて。

年末は飲みぱっなし、年始は体調崩しぱっなし。で、もう正月には間に合わないから、まっいいかって普通に書いたんですよ。


(≧^≦) この普通にってのが良くなかった。何時もはタイトル通り"年賀メール"という事で、そこそこの長さを想定して書くのですが。


本当に何時もの短編小説のノリで書いたもんだからエラい長さの作品に。

一万文字超えてるがな。もうメールて呼べない。しかもあんまり内容ないし。来年はもっと短くしよ、うん、そうしよう。

そして1月から2月は書き途中の短編小説に自分自身がはまって…いや書いていて面白いのってあるではないですか。

それで年賀メールが2月公開と。


m(_ _)m…本当にすいません。


で2月も終わりって感じですが、何時も応募して貰ってますBook short award。

何作品か優秀作品として掲載して頂いてます。リンク先掲載と共に自分の短い感想も載せて頂きます♪


ホッピーハッピーaward 9月期優秀作『オンリーワン』↓

https://bookshorts.jp/hoppy_happy_award_20180901o 


ホッピーがテーマって思いつかん! て悩んで、取り敢えず最初の1行だけ決めて書き始めたという作品。読んだ人から心理描写が細かいと褒められましたが、書いてる本人が分かってないから一杯書いたというのが本音。


Book short award 11月期優秀作『書架脇に隠れる小さな怪人』↓

https://bookshorts.jp/20181102s


参考テーマが"オペラ座の怪人"でちょい難しかった作品。内心は木造校舎を扱いたかったのが叶ったので、それだけで満足かも。


Book short award 12月期優秀作『不可解な国からの不思議な声』↓

https://bookshorts.jp/20181216f


参考作品は"アリスの不思議な国"で割とありきたり。ただ僕自身が"花"をテーマに作品を描きたかったと自己満足な作品。でも書いたら"犬"がテーマになってしまったというオチ。


(・ω´・)/お暇ならどの作品も読んで下さいまし♪


スポンサーサイト

コメント